SHU BLOG

NEW
お知らせ
NEW 2022.12.02 【CSS】marginの指定方法について TikTokにてショート動画公開中!!
お知らせ
NEW 2022.12.01 【WordPress】公開日と最終更新日を表示の方法を解説
お知らせ
2022.11.24 【WordPress】記事ページに表示する、しない条件分岐を解説

BLOG NEWS ブログ

TITLE

【WordPress】タグページに表示する、しない条件分岐を解説

SHU[シュウ]

1991年生まれ九州の宮崎県育ち
高校卒業後、愛知県で自動車関係の
お仕事に5年間勤め、WEB業界に
転職致しました。
趣味:サッカー観戦、ゲーム、映画、漫画
基本インドアです!笑

シュウ
シュウ
今回は【WordPress】タグページに表示する、しない条件分岐を解説!!
の解説になります!

こんな方に読んでほしい

  • WordPressを学び始めた方へ
  • WordPressのタグページ編、条件分岐について解説していきます。
  • 今回はWordPressの「条件分岐」について解説しております。

条件分岐について

条件分岐について

今回はタグページに表示する、しない条件分岐を解説していきます。
タグページ毎に違う内容を表示させたいときに使います。
または何も表示させないことも可能です。

「タグ」と「カテゴリー」は別物になります。
タグでの条件分岐はis_tag()を使い、カテゴリーでの条件分岐はis_categoryを使います。
詳しい解説はこちらから【WordPress】カテゴリーに表示する、しない条件分岐を解説!!

基本的な条件分岐について

基本的な条件分岐について

前回、記事ページでの条件分岐をする際には、is_single()を使いましたが、
タグページではis_tag()を使います。
以下のようになります。

<?php if(is_tag()): ?>
	全てのタグページで表示させたい内容を記述
<?php endif; ?>

is_tag()()の中身に何も記述がない場合は全てのタグページが対象となります。

タグページ(ID)について

タグページのIDとは、WordPressの管理画面にてカテゴリーを登録した際にアドレスバーに表示される「post_tag&tag_ID=〇〇〇〇」の数値になります。
以下のようになります。

<?php if ( is_tag('39') ) : ?>
    タグIDが39のタグページで表示させたい内容を記述
<?php endif; ?>

例:https://sample.jp/wp-admin/term.php?taxonomy=post_tag&tag_ID=39…(省略)の場合は、
39をID番号として指定します。

特定のタグ(スラッグ)について

特定のカテゴリー(スラッグ)について

タグ(スラッグ)とは、WordPressの管理画面にてタグの編集画面で登録した値になります。
以下のようになります。

<?php if ( is_tag('html') ) : ?>
    スラッグが「html」のタグで表示させたい内容を記述
<?php endif; ?>

例:名前を「HTML」、スラッグを「html」に設定した場合、スラッグの「html」を指定します。

特定のタグ(複数)について

上記の解説では、特定のタグについての条件分岐について解説してきました。
AタグではAの内容を表示させ、それ以外のタグはBの内容を表示させるといった複数の条件分岐も可能になります。
以下のようになります。

// IDでの条件分岐について
<?php if( is_tag('39') ) : ?>
	IDが39のタグページで表示させたい内容を記述
<?php else: ?>
	それ以外のタグページで表示させたい内容を記述
	(空でも問題ありません)
<?php endif; ?>
// スラッグでの条件分岐について
<?php if(is_tag( 'html' )): ?>
	スラッグが「news」のタグページで表示させたい内容を記述
<?php else: ?>
	それ以外のタグページで表示させたい内容を記述
	(空でも問題ありません)
<?php endif; ?>

php else:を使い条件分岐をし、「それ以外のタグページで表示させたい内容を記述」を指定します。
何も記述がない場合は表示しません。

特定のタグページに属するページのみの場合について

タグページA、Bには表示させ、それ以外のタグページには違う内容を表示させるといった複数の条件分岐も可能になります。

// IDでの条件分岐について
<?php if(is_tag( array( '1', '39', '50' ) ) ): ?>
	IDが「1, 39, 50」のタグページで表示させたい内容を記述
<?php else: ?>
	それ以外のタグページで表示させたい内容を記述
	(空でも問題ありません)
<?php endif; ?>
// スラッグでの条件分岐について
<?php if(is_tag( array( 'html', 'css', 'wordpress',  ) ) ): ?>
	スラッグが「html、css、wordpress」のタグページで表示させたい内容を記述
<?php else: ?>
	それ以外のタグページで表示させたい内容を記述
	(空でも問題ありません)
<?php endif; ?>

複数指定する場合は必ずarray()を使い,で区切りを指定します。
また、タグページID・スラッグで条件分岐をする際には、必ず'〇〇'で指定します。

それぞれのタグページの条件分岐について

タグページA、B、Cには表示させ、タグページDにはDの内容を表示させるといった複数の条件分岐も可能になります。
以下のようになります。

// スラッグでの条件分岐について
<?php if(is_tag( array( 'html', 'css', 'wordpress',  ) ) ): ?>
	スラッグが「html、css、wordpress」のタグページで表示させたい内容を記述
<?php elseif(is_tag( 'php' ) ): ?>
	スラッグが「php」のタグページで表示させたい内容を記述
<?php else: ?>
	それ以外の記事ページで表示させたい内容を記述
	(空でも問題ありません)
<?php endif; ?>

今回はスラッグのみの解説ですが、「記事ページID」も同じ指定方法になります。
php elseifを使うことで「php」のカテゴリーページでは違う内容を表示させます。

まとめ

今回はこれで以上です。

POINT
  • WordPressのタグページ編、条件分岐について解説しました。
  • タグの条件分岐をする際にはis_tag()を指定します。
  • タグページ(ID)は「post_tag&tag_ID=〇〇〇〇」の数値になります。
  • タグページ(スラッグ)はスラッグ名を「html」に指定した場合「html」が値になります。
  • 複数指定する場合は必ずarray()を使い,で区切りを指定します。
    また、タグページID、スラッグで条件分岐をする際には、必ず'〇〇'で指定します。
スポンサーリンク

SHU

1991年生まれ九州の宮崎県育ち高校卒業後、愛知県で自動車関係のお仕事に5年間勤め、WEB業界に転職致しました。
趣味:サッカー観戦、ゲーム、映画、漫画基本インドアです!笑
つくる、しあわせをテーマとして主にWEBに関する様々な情報を発信しています。

最新記事

関連記事

オススメ記事

月別アーカイブ

HP

お助けコネクト

神奈川県を中心に不用品回収・粗大ゴミ回収・遺品整理・ゴミ屋敷片付け・家具の移動 など
なんでもやります!!お気軽にご相談ください。詳細はコチラから

page_top