SHU BLOG

BLOG NEWS ブログ

  • ARTICLE
    2020.08.15
  • CATEGORY
TITLE

【CSS】column-fillの使い方、段組み表示バランスを指定する!

SHU[シュウ]

1991年生まれ九州の宮崎県育ち
高校卒業後、愛知県で自動車関係の
お仕事に5年間勤め、WEB業界に
転職致しました。
趣味:サッカー観戦、ゲーム、映画、漫画
基本インドアです!笑

シュウ
シュウ
今回は【CSS】column-fillの使い方、段組み表示バランスを指定する!
の解説になります!

こんな方に読んでほしい

  • CSSを学び始めた方へ
  • columnプロパティについて学びたい方へ
  • 今回はcolumn-fillについての解説になります。

column-fillプロパティとは、段組み内の要素の表示バランスを指定する際に使います。
column-fillはcolumn-countと組み合わせて指定をおこないます。

前回の記事で理解度を深めておきましょう。

columnの参考記事

column-countの基本的な使い方についての記事になります。

column-fillの使い方について

column-fillの使い方について

column-fillプロパティとは、段組み内の要素の表示バランスを指定する際に使います。
書き方は以下のようになります。

/*column*/
要素 {
	column-count: 値;
	column-fill: 値;
	height: 値;
}
指定できる値
  • balance(初期値)
    段組みの要素はバランスよく表示されます。
  • auto
    段組みの高さで折り返すよう前の段に詰めて表示されます。

column-fill balanceについて

balanceとは、段組みの要素はバランスよく表示されます。

balanceの特徴は、高さを指定した場合はバランスよく表示されます。
fillプロパティは高さが指定されている場合のみに適用されます。

balanceについて

ホームページ制作、名刺制作、ロゴ制作など、デザインをする際には配色は欠かせない要素の1つになってきますよね。私も、配色で悩んだ経験はたくさんあります。皆さんも1度や2度悩んだ経験はありませんか?赤色とは、情熱・強さ・生命力・活動・祝福・派手・刺激・警告 など愛、熱、力、血など、色の中で抽象的な意味が多い赤色。目立つ、熱を感じる、興奮させると行った心理効果を持っています。

<p class="column-fill01">ホームページ制作、名刺制作、ロゴ制作など、....効果を持っています。</p>
/*column-fillを指定*/
.column-fill01 {
	width: 100%;
	height: 180px;   /*--高さを指定--*/
	column-count: 3; /*--countは3列を指定--*/
	column-fill: balance; /*--balanceを指定--*/
	line-height: 1.8;
}

column-fill autoについて

autoとは、段組みの高さで折り返すよう前の段に詰めて表示されます。

autoの特徴は、高さを指定した場合は高さに合わせて表示されます。(前に段に詰めるイメージ)
fillプロパティは高さが指定されている場合のみに適用されます。

autoについて

ホームページ制作、名刺制作、ロゴ制作など、デザインをする際には配色は欠かせない要素の1つになってきますよね。私も、配色で悩んだ経験はたくさんあります。皆さんも1度や2度悩んだ経験はありませんか?赤色とは、情熱・強さ・生命力・活動・祝福・派手・刺激・警告 など愛、熱、力、血など、色の中で抽象的な意味が多い赤色。目立つ、熱を感じる、興奮させると行った心理効果を持っています。

<p class="column-fill02">ホームページ制作、名刺制作、ロゴ制作など、....効果を持っています。</p>
/*column-fillを指定*/
.column-fill02 {
	width: 100%;
	height: 180px;   /*--高さを指定--*/
	column-count: 3; /*--countは3列を指定--*/
	column-fill: auto; /*--autoを指定--*/
	line-height: 1.8;
}

関連記事

【CSS】column-countの使い方、段組みの列数を指定する!
column-countプロパティとは、段組みの列数を指定する際に使います。
【CSS】column-gapの使い方、段組みの列の間隔を指定する!
column-gapプロパティとは、段組みの列の間隔を指定する際に使います。
【CSS】column-ruleの使い方、段組みに罫線を指定する!
column-ruleプロパティとは、段組みの列間に罫線を引く際に使います。
【CSS】column-spanの使い方、またがるカラム数を指定する!
column-spanプロパティとは、段組内の要素が複数の列にまたがるかを指定する際に使います。
【CSS】column-widthの使い方、段組みの列の幅を指定する!
column-widthプロパティとは、段組みの列の幅を指定します。

まとめ

今回はこれで以上です。

POINT
  • column-fillプロパティとは、段組み内の要素の表示バランスを指定する際に使います。
  • balanceとは、段組みの要素はバランスよく表示されます。
  • autoとは、段組みの高さで折り返すよう前の段に詰めて表示されます。
  • fillプロパティは高さが指定されている場合のみに適用されます。
スポンサーリンク

SHU

1991年生まれ九州の宮崎県育ち高校卒業後、愛知県で自動車関係のお仕事に5年間勤め、WEB業界に転職致しました。
趣味:サッカー観戦、ゲーム、映画、漫画基本インドアです!笑
つくる、しあわせをテーマとして主にWEBに関する様々な情報を発信しています。

関連記事

オススメ記事

月別アーカイブ

Portfolio

page_top