SHU BLOG

NEW
お知らせ
NEW 2022.12.02 【CSS】marginの指定方法について TikTokにてショート動画公開中!!
お知らせ
NEW 2022.12.01 【WordPress】公開日と最終更新日を表示の方法を解説
お知らせ
2022.11.24 【WordPress】記事ページに表示する、しない条件分岐を解説

BLOG NEWS ブログ

TITLE

【WordPress】タイトル、本文の文字数制限について解説

SHU[シュウ]

1991年生まれ九州の宮崎県育ち
高校卒業後、愛知県で自動車関係の
お仕事に5年間勤め、WEB業界に
転職致しました。
趣味:サッカー観戦、ゲーム、映画、漫画
基本インドアです!笑

シュウ
シュウ
今回は【WordPress】タイトル、本文の文字数制限について解説!!
の解説になります!

こんな方に読んでほしい

  • WordPressを学び始めた方へ
  • WordPressの文字数制限について解説していきます。
  • 今回はWordPressの「タイトル・本文の文字数制限」について解説しております。

文字数制限について

文字数制限について

今回は、文字数制限についての解説になります。
「タイトルを1行で収めたい」、「本文の冒頭だけ表示させたい」など、そのような際に使用すると便利です。

上記のように、1行と2行でレイアウト(高さ)崩れず場合もあります。
そのような時にも文字数制限が役立ちます。

mb_substrの使い方について

mb_substrの使い方について

今回は、mb_substrを使います。
その間に「タイトル・本文」を出力させるコードは以下のようになります。

the_title()タイトルを出力させます。
the_content()本文を出力させます。

上記のコードは文字数制限がない為、入力した文字数だけホームページ上に表示します。

mb_substrの基本的な使い方

mb_substrは、主に4つの指定が可能になります。
「文字列」・「開始文字数」・「取得文字数」・「文字フォーマット」になります。
以下のようになります。

<?php echo mb_substr([文字列],[開始文字数],[取得文字数],[文字フォーマット]); ?>
// ↓ に置き換え
<?php echo mb_substr($post->post_title,0,10,'UTF-8'); ?>

$post->post_titleを指定しタイトルを出力させます。
「0,10」は、開始文字数を「0」とし、取得文字数を「15文字まで」出力させます。

省略記号の使い方

上記のコードの場合は、省略記号がありません。
文字数制限10に対して省略記号を表示させます、10文字以降は省略記号が表示します。
以下のようになります。

// 10文字以降「...」を表示
<?php echo mb_substr($post->post_title,0,10,'UTF-8'). '...'; ?>

// 10文字以降「続きを読む」を表示
<?php echo mb_substr($post->post_title,0,10,'UTF-8'). '[続きを読む]'; ?>

. '〇〇';を追加します。
今回は「…」と「続きを読む」を表示させてみました。
イメージは以下のようになります。

mb_substrの条件分岐について

上記では、文字数制限と省略記号について解説してきました。
現状では全ての記事に対してタイトルは省略記号が表示します。
条件分岐をすることによって、10文字以降は省略記号が表示、10文字以内は省略記号なしで表示させます。
以下のようになります。

<?php
if(mb_strlen($post->post_title, 'UTF-8')>10){
	$title= mb_substr($post->post_title, 0, 10, 'UTF-8');
	echo $title.'...';
}else{
	echo $post->post_title;
}
?>

本文の文字数制限について

次に本文の文字数制限について解説します。
上記で解説した$post->post_titleを次のように変更します。
$post->post_contentに置き換えてください。

また、strip_tagsを追加します。
「strip_tags」とは、文字列に含まれるHTML、PHPタグを取り除きます。
以下のようになります。

// 40文字以降「...」を表示
<?php echo mb_substr(strip_tags($post-> post_content),0,40) . '...'; ?>

今回は「40文字」以降は省略記号の表示指定をしています。
タイトルと同様に、現状では全ての記事に対して本文は省略記号が表示します。
本文に関しても条件分岐の指定が可能になります。

mb_substrの本文の条件分岐について

条件分岐をすることによって、40文字以降は省略記号が表示、40文字以内は省略記号なしで表示させます。
以下のようになります。

<?php
if(mb_strlen(get_the_excerpt(), 'UTF-8')>40){
	$excerpt= mb_substr(get_the_excerpt(), 0, 40);
	echo $excerpt.'...';
}else{
	echo get_the_excerpt();
}
?>

先ほどはpost_contentを指定していましたが、
条件分岐では、get_the_excerpt()を使用します。

まとめ

今回はこれで以上です。

POINT
  • WordPressタイトル・本文の文字数制限について解説しました。
  • mb_substrを使用します。
  • 「文字列」・「開始文字数」・「取得文字数」・「文字フォーマット」になります。
  • 省略記号は$. '〇〇';を追加します。
  • $post->post_titleはタイトルを出力します。
  • $post->post_contentはタイトルを本文します。
  • 本文の条件分岐はpost_contentget_the_excerpt()に置き換えしましょう。
  • 個人的に「タイトル、本文」どちらも条件分岐で指定しておくのがオススメです。
スポンサーリンク

SHU

1991年生まれ九州の宮崎県育ち高校卒業後、愛知県で自動車関係のお仕事に5年間勤め、WEB業界に転職致しました。
趣味:サッカー観戦、ゲーム、映画、漫画基本インドアです!笑
つくる、しあわせをテーマとして主にWEBに関する様々な情報を発信しています。

最新記事

関連記事

オススメ記事

月別アーカイブ

HP

お助けコネクト

神奈川県を中心に不用品回収・粗大ゴミ回収・遺品整理・ゴミ屋敷片付け・家具の移動 など
なんでもやります!!お気軽にご相談ください。詳細はコチラから

page_top