SHU BLOG

BLOG NEWS ブログ

  • ARTICLE
    2020.06.10
  • CATEGORY
TITLE

【CSS】box-shadowで指定方法を学び要素に影をつけてみよう!

SHU[シュウ]

1991年生まれ九州の宮崎県育ち
高校卒業後、愛知県で自動車関係の
お仕事に5年間勤め、WEB業界に
転職致しました。
趣味:サッカー観戦、ゲーム、映画、漫画
基本インドアです!笑

シュウ
シュウ
今回は【CSS】box-shadowで指定方法を学び要素に影をつけてみよう!
についての解説になります!

こんな方に読んでほしい

  • CSSを学び始めた方へ
  • box-shadowの使い方について学びたい方へ
  • 今回はbox-shadow(影)の指定方法についての記事になります
box-shadowの指定あり、なしについて

上の図のように、box-shadowを指定することによって、要素が浮き上がって見えるため、
目立たせたいときなどに使用します。
ボタンによく使われるプロパティになります。

box-shadowについて

box-shadowについて

box-shadowとは、要素に影を指定する際に使用します。
書き方は以下のようになります。

box-shadow指定の説明
要素 {box-shadow: 水平方向 垂直方向 影のぼかし 影の広さ 色 内側指定};

指定する項目が多いですが、とても簡単ですので、最後まで読んで実際に試してください。

指定できる値
  • 水平方向 垂直方向
    「4px」のように影の長さを数値と単位で指定できます。
    「4px 5px」のように半角スペースで区切ると「水平方向 垂直方向」に指定ができます。マイナスの値も可能
  • 影のぼかし
    「5px」のように数値と単位で影のぼかしを指定できます。
    数値の値が大きいほど影のぼかしが強くなります。マイナスの値も可能
  • 影の広さ
    「5px」のように数値と単位で影の広さを指定できます。
    数値の値が大きいほど影が全方向に大きくなります。マイナスの値も可能
  • キーワード、またはカラーコードでの指定ができます。
  • 内側指定
    最後に「inset」を指定すると、要素の内側に影が付くようになります。

ポイント!
box-shadowで指定する際には必ず半角スペースで区切りを入れて指定しましょう!
また、水平方向と垂直方向以外は省略しても問題ありません。

box-shadowを指定する方法について

box-shadow指定方法について

ここから、指定方法について解説していきます。

水平方向 垂直方向のみでの影の指定方法

一番シンプルな指定方法の水平方向、垂直方向のみでの影の指定です。

「shadow01」では、水平方向、垂直方向共に正の値を指定すると右方向に伸びます。
「shadow02」では、水平方向、垂直方向共にマイナスの値を指定すると左方向に伸びます。

水平方向 垂直方向のみでの指定

<img src="画像パス(クマの画像)" class="shadow01">
<img src="画像パス(キリンの画像)" class="shadow02">
/*--クマの画像--*/
img.shadow01 {box-shadow: 10px 10px;}

/*--キリンの画像--*/
img.shadow02 {box-shadow: -10px -10px;}

影のぼかしを指定する方法

水平方向、垂直方向の後に「ぼかし」の値を指定します。

「shadow01」では、ぼかしの値「2px」に指定しています。
「shadow02」では、水平方向、垂直方向それぞれ影の値を0にし全体のぼかしの値「10px」に指定しています。
数値の値が大きいほど影のぼかしが強くなります。

影のぼかしの指定

<img src="画像パス(クマの画像)" class="shadow01">
<img src="画像パス(キリンの画像)" class="shadow02">
/*--クマの画像--*/
img.shadow01 {box-shadow: 10px 10px 2px;}

/*--キリンの画像--*/
img.shadow02 {box-shadow: 0 0 10px;}

影の広さを指定する方法

水平方向、垂直方向、ぼかしの後に「影の広さ」の値を指定します。

「shadow01」では、影の広の値を「4px」に指定しています。
「shadow02」では、影の広の値を「8px」で指定しています。
数値の値が大きいほど影が全方向に大きくなります。

影の広さを指定方法

<img src="画像パス(クマの画像)" class="shadow01">
<img src="画像パス(キリンの画像)" class="shadow02">
/*--クマの画像--*/
img.shadow01 {box-shadow: 10px 10px 2px 4px;}

/*--キリンの画像--*/
img.shadow02 {box-shadow: 10px 10px 2px 8px;}

影の色を指定する方法

水平方向、垂直方向、ぼかし、影の広さの後に「色」の値を指定します。

「shadow01」では、色の値を「#333」に指定しています。
「shadow02」では、色の値を「rgba」で指定し透明度を追加しています。
キーワード、またはカラーコードでの指定ができます。

影の色を指定方法

<img src="画像パス(クマの画像)" class="shadow01">
<img src="画像パス(キリンの画像)" class="shadow02">
/*--クマの画像--*/
img.shadow01 {box-shadow: 10px 10px 2px 5px #333;}

/*--キリンの画像--*/
img.shadow02 {box-shadow: -10px -10px 10px 5px rgba(0,0,0,0.4);}

影を内側に指定する方法

最後に「inset」の値を指定します。

「box」では、最後に「inset」に指定しています。
最後に「inset」を指定すると、要素の内側に影が付くようになります。

影を内側に指定する方法

要素が入ります。
<div class="box">
要素が入ります。
</div>
/*--box要素--*/
.box {
   /*--最後に「inset」をつける--*/
   box-shadow: -5px -5px 8px 8px #ccc inset;
   width: 400px;
   height: 200px;
   background-color: #fff;
   color: #333;
}

複数の影を指定する方法

最後に「複数の影」を指定する際の解説です
複数の影を指定したい際には、カンマで区切ることで複数の影を指定できます。
最初は「#ccc(グレー色)」、最後は「#000(黒色)」を指定しています。

複数の影を指定する方法

要素が入ります。
<div class="box">
要素が入ります。
</div>
/*--box要素--*/
.box {
   /*--最後に「inset」をつける--*/
	box-shadow: 5px 5px 3px 5px #ccc,-5px -5px 3px 5px #000;
	
   /*--以下省略--*/
}

まとめ

今回はこれで以上です。

POINT
  • box-shadow水平方向 垂直方向 影のぼかし 影の広さ 色 内側指定の順になります。
  • 水平方向と垂直方向以外は省略しても問題ありません。
  • 複数の影を指定したい際には「,」カンマで区切ることで複数の影を指定できます。
  • 現在使用されているブラウザは問題なく表示します。
スポンサーリンク

SHU

1991年生まれ九州の宮崎県育ち高校卒業後、愛知県で自動車関係のお仕事に5年間勤め、WEB業界に転職致しました。
趣味:サッカー観戦、ゲーム、映画、漫画基本インドアです!笑
つくる、しあわせをテーマとして主にWEBに関する様々な情報を発信しています。

関連記事

オススメ記事

月別アーカイブ

Portfolio

page_top