SHU BLOG

BLOG NEWS ブログ

  • ARTICLE
    2021.07.23
  • CATEGORY
TITLE

【CSS】要素の中央に縦線を引く方法、疑似要素で指定しよう!!

SHU[シュウ]

1991年生まれ九州の宮崎県育ち
高校卒業後、愛知県で自動車関係の
お仕事に5年間勤め、WEB業界に
転職致しました。
趣味:サッカー観戦、ゲーム、映画、漫画
基本インドアです!笑

シュウ
シュウ
今回は【CSS】要素の中央に縦線を引く方法、疑似要素で指定しよう!!
の解説になります!

こんな方に読んでほしい

  • CSSを学び始めた方へ
  • CSSについて学びたい方へ
  • 今回は要素の中央に縦線(疑似要素)について解説しております。

今回は、要素と要素の中央に縦線を引くについての解説です。
下記の画像のようなデザインを見かけることありませんか。

要素と要素の中央に縦線を引く

疑似要素::before/::afterを指定すれば簡単に縦線を引くことができます。

ChromeChromeSafariSafariFirefoxFirefoxIEIEEdgeEdge

要素の中央に縦線を引く方法

要素の中央に縦線を引く方法

今回は、疑似要素::before/::afterを使い、指定します。
「PART01」では、最初に2つのボックス(要素)を用意し、display: flexを指定し、横並びにしましょう。
書き方は以下のようになります。

要素の中央に縦線を引く方法 PART01

ボックスA
ボックスB
<div class="wrap">
 <div class="box-a">ボックスA</div>
 <div class="box-b">ボックスB</div>
</div>
/*--CSS--*/
.wrap {
	display: flex; /*--横並び指定--*/
	
	/*--下記は自由--*/
	text-align: center;
	color: #fff;
	font-weight: bold;
}

.wrap .box-a {
	flex-grow: 1; /*--幅を指定--*/
	height: 140px;
	line-height: 140px;
	margin-right: 2em; /*--AとBの余白--*/
	background-color: #aeb2ba;
}

.wrap .box-b {
	flex-grow: 1; /*--幅を指定--*/
	height: 140px;
	line-height: 140px;
	background-color: #495464;
}

::before/::afterの疑似要素を指定しよう

上記では、各要素(A、B)を横並びに指定しました。
「PART02」では、要素Aに対し、::afterを指定し縦線を指定したいとおもいます。
書き方は以下のようになります。

要素Aに対し、::afterを指定 PART02

ボックスA
ボックスB
<div class="wrap">
 <div class="box-a">ボックスA</div>
 <div class="box-b">ボックスB</div>
</div>
/*--CSS--*/
.wrap {
	display: flex; /*--横並び指定--*/	
	/*--以下省略--*/
}

.wrap .box-a {
	flex-grow: 1; /*--幅を指定--*/
	position: relative; /*--positionを追加--*/
	height: 140px;
	line-height: 140px;
	margin-right: 2em;
	background-color: #aeb2ba;
}

.wrap .box-a::after {
	position: absolute; /*--positionを追加--*/
	top: 0;
	left: 100%;
	margin: 0 1rem;
	content: "";
	width: 1px; /*--縦線の太さ(幅)--*/
	height: 100%;
	background-color: #333; /*--縦線の色--*/
}

.wrap .box-b {
	/*--以下省略--*/
}

「box-a」に対して、position: relativeを指定します。
次に、「::after」に対してposition: absoluteleft: 100%を指定します。
left: 100%とは、ボックスAの右端になります。

今回は、ボーダー(border)要素を指定せず、background-colorを指定します。
縦線の太さ(幅)を変更したい際には、widthの数値を変更しましょう。

指定した値について
  • relative
    相対位置を指定します、現在の位置が基準になります。
  • absolute
    絶対位置を指定します、親要素の左上を基準にし位置を決めます。
  • ::before
    要素の直前に要素が挿入されます。
  • ::after
    要素の直後に要素が挿入されます。

CSSの完成形

/*--CSS--*/
.wrap {
	display: flex;
	text-align: center;
	color: #fff;
	font-weight: bold;
}

.wrap .box-a {
	flex-grow: 1;
	position: relative;
	height: 140px;
	line-height: 140px;
	margin-right: 2em;
	background-color: #aeb2ba;
}

.wrap .box-a::after {
	position: absolute;
	top: 0;
	left: 100%;
	margin: 0 1rem;
	content: "";
	width: 1px;
	height: 100%;
	background-color: #333;
}

.wrap .box-b {
	flex-grow: 1;
	height: 140px;
	line-height: 140px;
	background-color: #495464;
}

3カラムの指定について

要素Aに対し、::afterを指定 PART02

ボックスA
ボックスB
ボックスC
<div class="wrap">
 <div class="box-a">ボックスA</div>
 <div class="box-b">ボックスB</div>
 <div class="box-c">ボックスC</div>
</div>
/*--CSS--*/
.wrap {
	display: flex;
	/*--以下省略--*/
}

.wrap .box-a {
	flex-grow: 1;
	/*--以下省略--*/
}

.wrap .box-b {
	flex-grow: 1;
	/*--以下省略--*/
}

.wrap .box-c {
	flex-grow: 1;
	/*--以下省略--*/
}

.wrap .box-a,
.wrap .box-b{
	position: relative;
	margin-right: 2em;
}

.wrap .box-a::after,
.wrap .box-b::after{
	position: absolute;
	top: 0;
	left: 100%;
	margin: 0 1rem;
	content: "";
	width: 1px;
	height: 100%;
	background-color: #333;
}

ポイント!
3カラムも同様に、::afterを指定します。
必ず、position要素を忘れないように指定しましょう。

まとめ

今回はこれで以上です。

POINT
  • 疑似要素::before/::afterを指定すれば簡単に縦線を引くことができます。
  • position要素を忘れないように指定しましょう。
スポンサーリンク

SHU

1991年生まれ九州の宮崎県育ち高校卒業後、愛知県で自動車関係のお仕事に5年間勤め、WEB業界に転職致しました。
趣味:サッカー観戦、ゲーム、映画、漫画基本インドアです!笑
つくる、しあわせをテーマとして主にWEBに関する様々な情報を発信しています。

最新記事

関連記事

オススメ記事

月別アーカイブ

Portfolio

page_top