SHU BLOG

BLOG NEWS ブログ

  • ARTICLE
    2020.07.05
  • CATEGORY
TITLE

【CSS】UI要素状態擬似クラスenabled、disabled、checkedの使い方!

SHU[シュウ]

1991年生まれ九州の宮崎県育ち
高校卒業後、愛知県で自動車関係の
お仕事に5年間勤め、WEB業界に
転職致しました。
趣味:サッカー観戦、ゲーム、映画、漫画
基本インドアです!笑

シュウ
シュウ
今回は【CSS】UI要素状態擬似クラスenabled、disabled、checkedの使い方!
についての解説になります!

こんな方に読んでほしい

  • CSSを学び始めた方へ
  • enabled、disabled、checkedの使い方について学びたい方へ
  • 今回はUI要素状態擬似クラスを学習しよう

UI要素状態擬似クラスとはCSS3で追加された疑似クラスになります。
今回は、ユーザーインターフェイスに関する疑似クラスの記事になります。

UI要素状態擬似クラス

UI要素状態擬似クラス

UI要素状態擬似クラスとは、フォーム関連での有効状態、無効状態になっている要素にスタイルが
適用されます。
書き方は以下のようになります。

/*--enabled--*/
input:enabled {プロパティ: 値;}

/*--disabled--*/
input:disabled {プロパティ: 値;}

/*--checked--*/
input[type="checkbox"]:checked {プロパティ: 値;}

input[type="radio"]:checked {プロパティ: 値;}
指定できる値
  • enabled
    有効状態になっている要素にスタイルを適用します。
  • disabled
    無効状態になっている要素にスタイルを適用します。
  • checked
    チェックされている要素にスタイルを適用します。

UI要素状態擬似クラス:enabledについて

UI要素状態擬似クラス:enabledについて

:enabledとは、有効状態になっている要素にスタイルを適用します。
有効状態とは、フォーム関連に対して入力が可能な状態の時のことを言います。

「お名前、ふりがな」は入力が有効状態になっているため、スタイルが適用されます。
「電話番号」は入力が無効状態になっているため、スタイルが適用されません。
有効状態に対してボーダー線(#fd6158 赤色)が適用されます。
※電話番号のdisabledに注目!次の章で解説します。

UI要素状態擬似クラス:enabled

お名前

ふりがな

電話番号

<form>
<p>お名前 <input type="text" size="20" name="name"></p>
<p>ふりがな <input type="text" size="20" name="name01"></p>
<p>電話番号 <input type="text" size="20" name="tel" disabled></p>
</form>
/*--enabled ボーダー線が適用されます--*/
input:enabled {border: solid 3px #fd6158;}

/*--focus クリックすると黄色になります--*/
input:focus {background-color: #febe3e;}

UI要素状態擬似クラス:disabledについて

UI要素状態擬似クラス:disabledについて

:disabledとは、無効状態になっている要素にスタイルを適用します。
無効状態とは、フォーム関連に対して入力が不可能な状態の時のことを言います。

「ふりがな、電話番号」は入力が無効状態になっています。
無効状態に対してdisabledを指定しスタイルを適用させます。

disabledに対してボーダー線(#febe3e 黄色)が適用されます。

UI要素状態擬似クラス:disabled

お名前

ふりがな

電話番号

<form>
<p>お名前 <input type="text" size="20" name="name"></p>
<p>ふりがな <input type="text" size="20" name="name01" disabled></p>
<p>電話番号 <input type="text" size="20" name="tel" disabled></p>
</form>
/*--enabled ボーダー線が適用されます--*/
input:enabled {border: solid 3px #fd6158;}

/*--focus クリックすると黄色になります--*/
input:focus {background-color: #febe3e;}

/*--disabled ボーダー線が適用されます--*/
.input:disabled {border: solid 3px #febe3e;}

UI要素状態擬似クラス:checkedについて

UI要素状態擬似クラス:checkedについて

:checkedとは、チェックされている要素にスタイルを適用します。
チェックとは、主に、input要素のtype属性が「checkbox、radio」でチェックされている時にスタイルが適用されます。

:checkedを指定し、チェックが入るとmargin-right: 10pxが適用されます。
今回は「電話番号、メールアドレス」をlabelで囲み、文字色を黄色(#febe3e)に指定します。
チェックを入れると文字色が変わります。

UI要素状態擬似クラス:checkedについて

<form>
<p><input type="checkbox" name="tel" value="電話番号"><label>電話番号</label></p>
<p><input type="checkbox" name="email" value="メールアドレス"><label>メールアドレス</label></p>
</form>
/*--checkedを指定--*/
input:checked{
  margin-right: 10px;
}

input[type="checkbox"]:checked + label {
	color: #febe3e;
}

まとめ

今回はこれで以上です。

POINT
  • enabledとは、有効状態になっている要素にスタイルを適用します。
  • disabledとは、無効状態になっている要素にスタイルを適用します。
  • checkedとは、チェックされている要素にスタイルを適用します。
スポンサーリンク

SHU

1991年生まれ九州の宮崎県育ち高校卒業後、愛知県で自動車関係のお仕事に5年間勤め、WEB業界に転職致しました。
趣味:サッカー観戦、ゲーム、映画、漫画基本インドアです!笑
つくる、しあわせをテーマとして主にWEBに関する様々な情報を発信しています。

関連記事

オススメ記事

月別アーカイブ

Portfolio

page_top