SHU BLOG

BLOG NEWS ブログ

TITLE

【WordPress】404(エラー)ページの作成について解説

SHU[シュウ]

1991年生まれ九州の宮崎県育ち
高校卒業後、愛知県で自動車関係の
お仕事に5年間勤め、WEB業界に
転職致しました。
趣味:サッカー観戦、ゲーム、映画、漫画
基本インドアです!笑

シュウ
シュウ
今回は【WordPress】404(エラー)ページの作成について解説!!
の解説になります!

こんな方に読んでほしい

  • WordPressを学び始めた方へ
  • WordPressの404(エラー)ページについて解説していきます。
  • 今回はWordPressの「404(エラー)ページの作成、登録」について解説しております。

WordPressの404ページについて

WordPressの404ページについて

前回は、固定ページのテンプレーを作成し、分解、WordPressに登録する流れを解説しました。
今回は、404(エラー)の作成、登録の流れを解説していきます。

404エラーページとは

上記のように、私自身のホームページでも、404(エラー)は表示します。
ホームページ上で存在しないページを表示した際に404のエラーページが表示します。
以下のような事で404(エラー)ページが表示します。

考えられポイント!
・記事のURLを一部間違えて入力した場合
・以前は存在していたページまたは記事が削除されてた場合
・WordPressのパーマリンクを変更した場合 などが考えられます。

このように、存在しないページにユーザーがアクセスしてしまった際に、既にページが存在、削除されてることを伝える必要があります。

404.phpを作成について

404.phpを作成について

WordPressで404(エラー)ページを作成するには、「404.php」を作成し登録しないといけません。
「404.php」がテーマフォルダに存在しない場合は「index.php」が表示します

なぜ、「index.php」が表示する原因は、テンプレートの階層・優先順位にあります。
404(エラー)の優先順位は以下のようになります。

1:優先順位 高い404.php
2:優先順位 低いindex.php

表のように、「404.php」ファイルがない場合、優先順位が低い「index.php」が表示するようになっています。
その他のテンプレートの階層・優先順位は以下の記事にまとめています。

テンプレートの階層・優先順位の記事

各種ファイル、テンプレートの階層、優先順位について解説しております。

404.phpのコードについて

最初に、「404.php」ファイルを作成し、テーマフォルダにアップロードします。
404.phpには以下のようなコードを記述します。

<?php
/*
Template Name: 404ページ
*/
?>
<?php get_header();?>

	<div id="contents">
		<main>
			<h1>お探しのページが見つかりませんでした</h1>
			<p>アクセスしようとした記事は削除されたかURLが変更されています。..以下省略<br>
			<a href="<?php bloginfo('url'); ?>"><?php bloginfo('name'); ?>トップページに戻る</a></p>
			<!--
				載せておきたい情報
				・お問い合わせ窓口、検索フォーム
				・カテゴリー、タグの情報
				・トップページの情報
			-->
		</main>	
	</div><!--contents END-->

<?php get_footer();?>

上記のように「Template Name: 404ページ」を設定しアップロードします。
h1 /pには、「お探しのページが見つかりませんでした」と明確なタイトル、文章を入力しましょう。
文章に関しては、トップページに戻るURLを入れておきましょう。

また、404ページに載せておきたい情報としては、「お問い合わせ窓口、検索フォーム」、「カテゴリー、タグの情報」などを載せておくとユーザーが次のページの閲覧に行きやすくなります。

次に固定ページに登録します。
以下の記事に流れを書いております。

固定ページの作成、登録の記事

固定ページのテンプレーを作成し、分解、WordPressに登録する流れを解説していきます。

404(エラー)ページを見落としをせず、しっかり作成しておきましょう。

まとめ

今回はこれで以上です。

POINT
  • WordPress404(エラー)ページの作成について解説しました。
  • ホームページ上で存在しないページを表示した際に404のエラーページが表示します。
  • 「404.php」がテーマフォルダに存在しない場合は「index.php」が表示します。
  • 「お探しのページが見つかりませんでした」と明確なタイトル、文章を入力しましょう。
スポンサーリンク

SHU

1991年生まれ九州の宮崎県育ち高校卒業後、愛知県で自動車関係のお仕事に5年間勤め、WEB業界に転職致しました。
趣味:サッカー観戦、ゲーム、映画、漫画基本インドアです!笑
つくる、しあわせをテーマとして主にWEBに関する様々な情報を発信しています。

最新記事

関連記事

オススメ記事

月別アーカイブ

HP

お助けコネクト

神奈川県を中心に不用品回収・粗大ゴミ回収・遺品整理・ゴミ屋敷片付け・家具の移動 など
なんでもやります!!お気軽にご相談ください。詳細はコチラから

page_top