SHU BLOG

BLOG NEWS ブログ

TITLE

【HTML】q要素の使い方、短い引用文であることを示す要素!

SHU[シュウ]

1991年生まれ九州の宮崎県育ち
高校卒業後、愛知県で自動車関係の
お仕事に5年間勤め、WEB業界に
転職致しました。
趣味:サッカー観戦、ゲーム、映画、漫画
基本インドアです!笑

シュウ
シュウ
今回は【HTML】q要素の使い方、短い引用文であることを示す要素!
の解説になります!

こんな方に読んでほしい

  • HTMLを学び始めた方へ
  • HTMLについて学びたい方へ
  • 今回はq要素(短い引用文)について解説しております。

前回は、blockquoteについて解説しました。
blockquoteとは、引用文(まとまっと量の文章)であることを示す要素になります。
qとは、短い引用文であることを示す要素になります。

blockquote要素の正しい使い方

引用文であることを示す要素、また使う理由、cite属性の使い方についての解説

ChromeChromeSafariSafariFirefoxFirefoxIEIEEdgeEdge

q要素について

q要素について

q要素とは、テキストが短い引用文であることを示します。
また、q要素を使用する場合は、自動的に括弧「」や引用符 “” が付けられます。

cite属性を使用すると、引用元のURLを示すことができます。
書き方は以下のようになります。

q要素について

引用する文章:赤色とは、情熱・強さ・生命力・活動・祝福・派手・刺激・警告
目立つ、熱を感じる、興奮させると行った心理効果を持っています。

引用する文章:<q cite="引用元URL">赤色とは、....</q>
目立つ、熱を感じる、興奮させると行った心理効果を持っています。
cite属性について
  • cite属性
    引用元のURLを記述します。

CSSで整える

CSSで整える

q要素を使用する場合、通常の文字の太さ、引用符をCSSで変更など可能にもなります。
書き方は以下のようになります。

CSSで整える

引用する文章:赤色とは、情熱・強さ・生命力・活動・祝福・派手・刺激・警告
目立つ、熱を感じる、興奮させると行った心理効果を持っています。
引用する文章:<q cite="引用元URL">赤色とは、情熱・強さ・生命力・活動・祝福・派手・刺激・警告</q>
目立つ、熱を感じる、興奮させると行った心理効果を持っています。
/*--CSS--*/
q {
	font-weight: bold; /*--文字を太字--*/
}

q:before {
	content: '「'; /*--qの直線に 「 を追加--*/
	color: #1ece50;
}

q:after {
	content: '」'; /*--qの直後に 」 を追加--*/
	color: #1ece50;
}

上記のように、擬似クラス「before、after」を使用することで、引用符の変更が可能になりました。

関連記事

blockquote【HTML】blockquote要素の使い方、引用文であることを示す要素!

まとめ

今回はこれで以上です。

POINT
  • q要素は、テキストが短い引用文であることを示します。
  • blockquote要素は、まとまった量の文章を引用したい場合に使用します。
  • cite要素は、引用元のURLを記述します。
  • CSSで引用符などの指定も可能になります。
  • blockquote要素とq要素の正しい使い方は覚えておきましょう。
ChromeChromeSafariSafariFirefoxFirefoxIEIEEdgeEdge
スポンサーリンク

SHU

1991年生まれ九州の宮崎県育ち高校卒業後、愛知県で自動車関係のお仕事に5年間勤め、WEB業界に転職致しました。
趣味:サッカー観戦、ゲーム、映画、漫画基本インドアです!笑
つくる、しあわせをテーマとして主にWEBに関する様々な情報を発信しています。

最新記事

関連記事

オススメ記事

月別アーカイブ

Portfolio

page_top