SHU BLOG

BLOG NEWS ブログ

TITLE

【HTML】type属性searchの使い方、検索キーワードの入力欄を作成しよう!

SHU[シュウ]

1991年生まれ九州の宮崎県育ち
高校卒業後、愛知県で自動車関係の
お仕事に5年間勤め、WEB業界に
転職致しました。
趣味:サッカー観戦、ゲーム、映画、漫画
基本インドアです!笑

シュウ
シュウ
今回は【HTML】type属性searchの使い方、検索キーワードの入力欄を作成しよう!
の解説になります!

こんな方に読んでほしい

  • HTMLを学び始めた方へ
  • HTMLについて学びたい方へ
  • 今回はinput type=”search”について解説しております。

今回は、input type="search"について詳しく解説していきます。
type=”search”では、「検索キーワードの入力欄」が作成できます。

input type="search"で作成すると、検索キーワードの入力欄が作成されます。

textとsearchを比較

左の図が、input type="text"になり、通常の入力欄になります。
右の図が、input type="search"になり、検索キーワードの入力欄になります。
見た目に変化はありません。

ChromeChromeSafariSafariFirefoxFirefoxIEIEEdgeEdge

type=”search”について

type=searchについて

input type="search"を指定すると、検索キーワードの入力欄を作成できます。
対応したブラウザでは検索用の入力欄が表示されます。
また、スマートフォンのブラウザなど、環境によっては入力キーボードが変化します。
書き方は以下のようになります。

input type=”search”


<form method="post" action="URL" method="get">
	<div>
		<label for="search">検索する</label>
		<input type="search" name="s" placeholder="キーワードを入力">
	</div>
	<input type="submit" value="検索する" />
</form>
覚えておきたい属性
  • method=”値”
    データを送信する方法を指定します。
    値:post
    データをボディに収めて送信します。一度に大量のデータを送信することができます。
    値:get(初期値)
    action属性で指定されたURLに対し、「?」をセパレーター、データをクエリ文字列として付加し、
    送信します。データ量が少ない場合に適しています。
  • action=”URL”
    データの送信先のURLを指定します。

postでは、「お問い合わせフォーム」や「会員フォーム」など、ユーザーの情報を送信する
フォームに適しています。
getでは、「サイト内検索、検索ワード」など、URLに対してデータを送信し、ページにリンクする
フォームに適しています。

検索フォームでの使用例

placeholder属性(入力欄に薄く表示)について

placeholderなし、ありの違い

placeholder属性とは、入力欄に文字や値を薄く表示します、入力例などを表示するときに指定します。
「キーワードを入力」など、キーワード関連を予測する文字を入れておくとユーザーが間違わずに入力してくれます。
placeholderで指定した文字や値は入力する際に、消えますので問題はありません。

placeholder属性について


<form method="post" action="URL" method="get">
	<div>
		<label for="search">検索する</label>
		<input type="search" name="s" placeholder="キーワードを入力">
	</div>
	<input type="submit" value="検索する" />
</form>

name属性について
name="s"とは「search」の略になります。検索結果後のアドレスバーに反映されます。
例) https://url/?s=〇〇〇〇になります。
他には「query(クエリ)」の頭文字qがよく使われます。

他の属性について

required属性とは、必須項目に設定します。
「検索フォーム」に関しては、「お問い合わせフォーム」とは違い個別で使う事がおおいです。
required属性(必須)は指定しなくても問題ありません。

maxlength属性とは、文字数の最大値を指定します。
maxlength="5"と指定すると、5文字を超えることはありません。
5文字以上の「検索キーワード」を入力したい場合は入力できなくなるので注意が必要です。

minlength属性とは、文字数の最小値を指定します。
minlength="4"と指定すると、4文字以上入力しないとエラーが表示されます。
4文字以下の「検索キーワード」を入力したい場合はエラーが表示されるので注意が必要です。

CSSでinput type=”search”を整える

CSSでinput type=searchを整える

今回はCSSの「属性セレクタ」を使い整えていきます。
書き方は以下のようになります

input[type="search"] {
  /*--type="search"のinput要素にのみ適用されます--*/
}

属性セレクタの使用例


<form method="post" action="URL" method="get">
	<div>
		<label for="search">検索する</label>
		<input type="search" name="s" placeholder="キーワードを入力">
	</div>
	<input type="submit" value="検索する" />
</form>
input[type="search"] {
  width: 200px; /*--幅--*/
  padding: 10px; /*--余白--*/
  font-size: 16px; /*--文字サイズ--*/
  border: solid 2px #cccccc; /*--ボーダー線--*/
  border-radius: 5px; /*--角丸--*/
}

/*--focus--*/
input[type="search"]:focus {
  background-color: #febe3e; /*--背景色--*/
}

input[type="submit"] {
	width: 20%;
    font-size: 15px;
    color: #fff;
	display: inline-block;
    padding: 15px 0px;
    text-align: center;
	background-color: #5c87a6;
    border: 1px solid #5c87a6;
    border-radius: 5px;
    text-decoration: none;
    cursor: pointer;
    transition: background-color 1s;
}

/*--hover--*/
input[type="submit"]:hover {
    color: #5c87a6;
    background-color: #ffffff;
    border: 1px solid #5c87a6;
    border-radius: 5px;
    cursor: pointer;
    transition: background-color 1s;
}

今回は、:focusとは、テキストフィールドなどのフォーム部品がフォーカス状態になったときに、
スタイルが適用されます。
今回は、「背景色」が変わるようになっております。
また、ボタンは:hoverした際に、「背景色、文字色」が変わるようになっております。

関連記事

type=”text”【HTML】type属性textの使い方、1行のテキスト入力欄を作成しよう!
type=”tel”【HTML】type属性telの使い方、電話番号の入力欄を作成しよう!
type=”email”【HTML】type属性emailの使い方、メールアドレスの入力欄を作成しよう!
type=”url”【HTML】type属性urlの使い方、URLの入力欄を作成しよう!
type=”password”【HTML】type属性passwordの使い方、パスワードの入力欄を作成しよう!
type=”date”【HTML】type属性dateの使い方、日付の入力欄を作成しよう!
type=”month”【HTML】type属性monthの使い方、月の入力欄を作成しよう!
type=”week”【HTML】type属性weekの使い方、週の入力欄を作成しよう!
type=”time”【HTML】type属性timeの使い方、時刻の入力欄を作成しよう!
type=”number”【HTML】type属性numberの使い方、数値の入力欄を作成しよう!
type=”range”【HTML】type属性rangeの使い方、スライダー(数値)を作成しよう!!
type=”color”【HTML】type属性colorの使い方、RGBカラーの入力欄を作成しよう!
type=”checkbox”【HTML】type属性checkboxの使い方、チェックボックスを作成しよう!
type=”radio”【HTML】type属性radioの使い方、ラジオボタンを作成しよう!
type=”file”【HTML】type属性fileの使い方、送信するファイルの選択欄を作成しよう!
type=”submit”【HTML】type属性submitの使い方、フォームの送信ボタンを作成しよう!
type=”reset”【HTML】type属性resetの使い方、入力内容のリセットボタンを作成しよう!

まとめ

今回はこれで以上です。
次回も「フォーム」について解説していきます。

POINT
  • input type="search"は、 検索キーワードの入力欄を作成します。
  • placeholder属性とは、入力欄に文字や値を薄く表示します。
  • CSSでスタイルを整える際には、「属性セレクタ、クラス名、id名」を使っても問題ありません。
ChromeChromeSafariSafariFirefoxFirefoxIEIEEdgeEdge
スポンサーリンク

SHU

1991年生まれ九州の宮崎県育ち高校卒業後、愛知県で自動車関係のお仕事に5年間勤め、WEB業界に転職致しました。
趣味:サッカー観戦、ゲーム、映画、漫画基本インドアです!笑
つくる、しあわせをテーマとして主にWEBに関する様々な情報を発信しています。

関連記事

オススメ記事

月別アーカイブ

Portfolio

page_top